会社方針

会社方針

会社方針

●安全と環境

 安全・防災・環境保全を最優先課題とし、社会と社員の安全と健康を守り、環境保全に努めます。

●顧客重視

 時代を先取りし、御客様のために知恵と技術を活かします。 

●競争力

 製品とサービスの品質・コスト・使用価値の競争力を高め、常に成長を目指します。

●役割と自助

 社内外から期待される役割を自覚して現実を直視し、自助の精神をもって課題を解決します。

●働きがい

 目標を達成する喜びを分かち合い、互いに高めあって人を活かし、組織を活かす風土を作ります。

●公正と誠実

 公正さと高い論理観と責任をもって行動し、社会の信頼に応えます。 


社長メッセージ

 わが国の産業は、近年飛躍的な進歩・発展を遂げ、人々の生活を豊かにし、きわめて高度な文明社会を築いてきました。しかしその反面、美しい

自然を汚染し続け、動植物の生命までも次第に蝕む事態にもなっています。

 私たちが自然と共存する生活を求めるなら、自然を守り育んで快適な環境を維持しなければなりません。人間と産業が自然にとけこみ三位一体と

なって、たがいに調和融合していくことが本来の豊かさと考えます。

 私たちアーパス技研工業は、水環境の破壊や汚染を未然に防止し、生活環境を向上するために、そして何よりも生命の根幹に関わる水を守り、厳

しい時代のニーズに応えるためにたゆみない研究・開発を続けています。

 今後とも皆様のご指導・ご鞭撻を頂きますよう、お願い申し上げます。

  アーパス技研工業株式会社 代表取締役社長  児玉 宏寿


会社沿革

1985年
藤吉エンジニアリング株式会社を東京都江東区にて資本金5,500,000円にて設立する。
児玉紀寿が代表取締役に就任。
1985年
明豊工業株式会社と医療廃液処理装置の総販売代理店契約を締結する。(共同研究参画)
1986年
群馬県前橋市に北関東営業所を開設する。
1986年
業務拡張により、本社を東京都江東区から東京都港区新橋に移転する。
1986年
薬液廃水処理装置の新型ユニットタイプを発明。(特許件取得:明豊工業株式会社)
1986年
宮城県仙台市に東北営業所を開設する。
1986年
沖縄県那覇市に沖縄営業所を開設する。
1987年
資本金を11,500,000円に増資する。
1989年
大阪府大阪市に大阪営業所を開設する。
1990年
資本金を25,000,000円に増資する。
1991年
資本金を35,000,000円に増資する。
1992年
業務拡張により、本社を港区新橋から千代田区東神田に移転する。
1992年
資本金を55,000,000円に増資する。
1993年
資本金を75,000,000円に増資する。
1995年
資本金を90,000,000円に増資する。
1995年
アーパス技研工業株式会社に社名変更する。
1996年
大阪営業所を大阪支店に昇格する。
1996年
本社ビル(中央区日本橋小舟町4-4)完成
1997年
本社を千代田区東神田から中央区日本橋小舟町に移転する。
1999年
福岡県福岡市に九州支店を開設する。
2007年
代表取締役社長 児玉紀寿が取締役会長に就任。
児玉宏寿が代表取締役社長に就任。
2014年
北海道札幌市に札幌営業所を開設する。
2018年
九州支店を福岡市博多区から福岡市西区に移転する。