排水処理システム

厨房排水処理設備

実績

     【活性汚泥処理方式】

 病院、ホテル、学校、レストランなどからの厨房排水は、和食・洋食・中華など多くの種類があり、調理の方法によって水質の変動が激しく、さ

らにBOD・SS成分が高濃度なうえに、動植物油脂分を多く含んでいます。このような厨房排水は有機物質の濃度が高く加えて油脂分が多量に含まれ

ているため、除害施設の適用を受けます。

 当社では環境に配慮し、汚泥の少ない生物処理方式を採用しています。

検査系排水処理設備

実績

    【連続式自動中和処理装置】

 病院、診療所、保健所、学校などの検査室で使用されている薬品の容器及び試験器具の洗浄水には、酸・アルカリ系の薬品が含まれており、濃度

によっては金属やコンクリートなどを腐食し、生物に対しても有害です。そのため、排水を放流するにあたっては、pHを処理して流すことが必要で

す。当社では独自の連続式自動中和処理方式を採用し、確実なpH処理が可能にし、広く採用されています。

感染系排水処理設備

実績

     【薬品消毒処理装置】

 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」において、感染症の重篤度に応じた施設基準及び排水の消毒について定められてお

り、排水処理設備を設置する必要があります。

 また、感染症患者以外の感染排水については、「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」により、感染性廃棄物は特別管理廃棄物に

指定され、適正処理が義務付けられました。

 当社では感染力の大小により、「薬品消毒処理方式」と「高圧蒸気滅菌方式」を採用し、確実な消毒・滅菌処理を可能にしています。

実績

      【高圧蒸気滅菌装置】